先輩メッセージ

河村志穂

自分を成長させることが、会社が成長する原動力。

小さい頃からト一屋でよく買い物をしていました。食品を扱う仕事を希望していましたし、よく知っている会社でしたので、迷わずに入社を決めました。入社以来、バイヤーの仕事を担当。2年目に豆の仕入れを任され、上司と二人三脚でいろいろ教わる日々でした。翌年に一人で販売計画、仕入れ、売りやすい量の仕分けなどを担うことに。自分でどこまでできるか、あれこれ改善策を工夫しました。まだ未熟な私に会社が色々任せてくれました。例えば豆の取り扱い店舗を増やしたり、試食販売をしたり。それで、売上げが4倍に増えて、「やればできる」と大きな自信につながりました。
バイヤーの仕事は仕入れだけでなく、売り切るまでなので、販売促進を支えることも大事です。食材毎のメニュー提案や、青果、精肉などの垣根を越えた惣菜づくりのサポートなども手がけ、今、仕事がとても面白くなっています。

一日のスケジュール

9:00 出社
配送センターの在庫チェック
発注
10:00 販売計画のデータ作成
11:00 ミーティング
12:00 月間奉仕品などの特売リスト作成
連絡(店舗・問屋)
13:00 昼休み
14:00 商談
16:00 展示会の選定
新商品のチェック
18:00 退社

住石征義

若手社員が、のびのびと仕事ができる会社です。

青果部門のチーフとして、旬の味や季節感を重視して、気持ちよく買い物ができる売り場づくりに取り組んでいます。
酒田の出身ですので、何か地元に貢献できる仕事をしたいと考えていました。今の仕事は、地元の人々に食品や食べ方を通して新しい「食」の提案ができます。自分に合っているし、やりがいが持てますね。
お客さまの望む商品を、納得できる値段で提供することが重要です。バイヤーからのアドバイスで販売するだけでなく、時にはこちらから提案して新しい食材なども仕入れてもらうようにしています。お客さまから学ぶことも多く、販売することの奥深さを痛感する毎日です。当社は、若い社員がどんどん意見を述べて、のびのびと仕事をしていて、若くても昇格できる柔軟な組織です。私も入社3年目でチーフに昇格。スタッフの皆さんと協力し合って、今、お客さま満足度のアップをめざしています。

一日のスケジュール

8:00 出社
売り場の確認(売値表示など)
POPの取付け
9:00 荷物到着・商品の陳列
10:00 開店
売り場で挨拶
翌日の売り場づくり計画(レイアウトなど)
11:00 翌日分の発注(配送センターに連絡)
商品の補充陳列
12:00 昼休み
13:00 売り場チェック
発送品の手配(果物)
15:00 売り場巡回
商品補充
16:00 翌日分の荷物到着
荷下ろし・検品
17:00 商品補充
売り切り商品の値下げ付け
18:00 スタッフと仕事の引き継ぎ
18:30 退社

高山佐知子

手作り感覚の味を、食卓へ届けたい。

食べ物に囲まれていると幸せな私なので、通っていた大学の求人案内にト一屋を見つけた時、これだ!と思いました。実際、入社してみて良かった点は、とても温かい会社であること。挑戦したいことに協力してもらえて、一緒に頑張る気運が好ましいです。
今、惣菜販売の最前線で働いています。「売れる商品づくり」へお客さまのニーズをつかんで、調理する惣菜センターに連絡。味の濃さ、塩加減などにも気をつけています。また、揚げ物、丼物、弁当など作り立てのおいしさを守るため、店舗内のキッチンで調理しています。先日、ごはんメニューを開発して販売。他店よりも一つでも多く売りたいと頑張ったら、「かきめし」は通常の5倍も売り切ることに。でも、数字よりも「おいしかった」というお客さまの笑顔が何より嬉しいです。今後はカロリーや成分の表示を工夫し、健康に役立つ提案もしていきたいですね。

一日のスケジュール

9:00 出社
売り場の清掃
9:30 入荷
陳列
10:00 開店
丼物の調理
10:30 陳列チェック
11:30 入荷
補充陳列
12:00 発注(2日後の商品発注)
13:00 昼休み
調理
14:00 陳列替え
調理
15:00 発注表の記入ほか事務処理
16:30 売り場の撤収
陳列替え
スタッフとの打ち合わせ
18:00 値下げ商品の選定・表示替
18:30 退社

渡部大亮

日々、物流と人の流れをキャッチして、店づくりを。

入社まもなくの青果担当を始まりに、新人教育、採用、商品仕入れ、改善業務などいろいろな仕事を経験してきました。一昨年の駅東店改装オープンに伴い店長に就任。売り場の管理、スタッフの管理などをはじめ店づくりのトータル・マネジメントに取り組んでいます。これまでの仕事の経験が何かと役立っているのを実感する日々です。「売れる場所で売れる商品づくり」を基本に、提案商品のディスプレイをはじめ、購入行動を見通しての売り場づくりと飽きない店づくりを推進。なじみの薄い商品が予想以上に売れるなど成果につなげています。
会長から「店長は店の経営者である」と訓辞を受けました。商品を仕入れて売るだけでなく、数値データを分析しながら経営をコントロールしていくことが大事だと教わりました。本や雑誌などを読んだり、業界動向をキャッチしたり、経営視点を磨いていくよう目下、修行中です。

一日のスケジュール

7:30 出社
商品搬入
8:00 事務処理(前日売上げチェックなど)
9:00 売り場のチェック
スタッフのチェック
10:00 開店
スタッフとの打ち合わせ
11:00 店内巡回
スタッフとの打ち合わせ
12:00 昼休み
13:00 店内巡回
事務処理
15:00 店内巡回
会議(販促会議など)
18:00 店内巡回
バックルームの整理整頓
翌日のための売り場チェック・商品チェック
20:00 閉店
20:20 退社